村上先生のボーイングレッスンレポ2:ハートに向かって弾く/人差し指の肉のところ

ということで、村上先生のレッスンをレポートして参りたいと存じます!

【村上先生のボーイングレッスンレポ】

1〜序章:出会いからレッスン&スゴ過ぎるご経歴
・2:ハートに向かって弾く/人差し指の肉のところ
3:指の役割(親指・小指・他) 
4:正しい姿勢はへそに聞け/作用・反作用の法則
5:伸筋奏法・弦と弓の角度・移弦の角度

村上先生のチェロレッスンご案内

#レッスンのレポートを書くこと、ご了承いただいております。

こんな感じで、先生を囲むように構える大人チェロ会の皆さま。

先生と初対面ですし、なんとなく緊張、ドキドキ。

まずはウォーミングアップ、挨拶がわりに開放弦でボーイングとなりました。

弓の返しでこそ「歌う」

弓の真ん中でいい音がして、返しのところに音が切れがちです

早速注意されます。だって返しだもん・・・しょうがな・・

「返し」は実は、一番美味しい、音楽的にジューシーなところ。
「返し」でこそ「歌う」!

へぇ、そうなんだ。返し「こそ」なんだ。

車でコーナーを綺麗に曲がるように返す。

まだ緊張している私達に軽くジャブを繰り出す先生。

そんな私達のボーイングを観察しながら、レッスンを展開されて行きます。

弓は地球の中心を向きます

皆さん、弓が楽器に対して直角で、毛が全部あたる感じになりがち。
切腹するような向きになってます。
摩擦は強いけど、無駄な力が入って、疲れる弾き方。

櫻田名指しで注意されました!

本来、弓から伝わる重みは重力に逆らわず、地球の中心を向くのがベストなはず
(いきなり話がユニバース!)
大きなビーチボールを下に押さえるような感覚
(そして急に身近な例・・)
スキー場で斜面のゲレンデにまっすぐ立っている感じ
(しばらく行ってないな・・・そんなこと聞いてないって)

そう、重力に逆らわないのが、一番自然で、無駄がない、疲れない。

だから雑味のない綺麗な音が出るんだな〜納得。

でも、チェロが斜めなのでその感覚をつかむのは難しくて、気づくと「切腹モード」に。

実は、いつものレッスンでも何度か指摘されていたんですよね・・・そこで、

・弦の存在は無視して、コマのハートに向かって弾く。

#先生は豚の鼻ともおっしゃってましたw

そうすると、腕の重み弓の重みが一直線に真下に向かい、重力に任せる無駄のない力になる。

それだけで、音が少しずつ変わっていくんですよ。ほんとに!

ぜひ今度の練習でやってみてください。さらに、

・ハートに向かって、パンにバターを塗るように弾く!

いい音出まっせ。

5本指それぞれの役割〜全ては「ひとさし指の肉」のために〜

村上先生に教えて頂いたことで、目からウロコどころではなく、幽体離脱したいくらいだった2トップのうち、1つがこれ。人差し指の「肉」理論。

大人は、棒を見れば、お箸、鉛筆だと思って「持つ」てしまう。
「持つ」というのは「5本の指の共同作業」だが、その認識が伸び悩みの原因になる。
「弓を持つ指は、独立して別々の動きをしている」ことを理解し、実践しなければならない。

まあ、よく「弓を持っちゃダメ」って言われますよね。

さらに一歩進んで「5本の指が独立している」とな?

秘密の特訓をしながら(いやまあ、全部書くのもなんかなーと思って)、その動きを確認して行きます。

・人差し指はスピーカー(発音)

人差し指が発音の責任者、スピーカー。

人差し指大切というのはよく聞くのですが、その範囲が極限定的なのです。

第一関節と第二関節の間のこの辺の「肉」のところが全ての発音の総責任者でありつつ、楽器からのフィードバックもここから伝わる。
身体から楽器へ、楽器から身体へ、全ての情報の出入り口

「この肉のところ」一点が気持ちよく弓とコンタクトしている状態を目指すと、必然的にあらゆる角度や姿勢が正しく導かれる、そうならざるを得ないんですよ。

例えば、弓を持つ指が外側に倒れると「この肉のところ」とのコンタクトが外れてしまうけれど、「そこ」が常に触れているためにはどうしたらいいか、と考えると、必然的に指を内側に倒すことになる。

指を内側に倒さなきゃいけと言われたから倒す、とは、やってることは同じでも、全然違いますよね。

大人だからこそ、なぜそうなるのかを理解することが大切だと思うんです。

脳はカタいし、身体は新しいことをそう簡単に受け入れませんから。

「この肉のところ」が気持ちよく弓とコンタクトしていたい!という人差し指の「わがまま」を、指先から肩甲骨、体全体が、全力で叶えてあげる、人差し指に仕える、そんな状態になる。

この「肉」一点の気持ち良いコンタクトのために、身体の全てが奉仕する、という感覚が大切。

先生「肉」「肉」「肉」! と連呼されるんですが、笑っちゃうんで何か名前つけてください。

ということで、「人差し指の肉のところ」が気持ちよく弓とコンタクトして発音を支配している・・と考えてボーイングや音階をやってみてください。

いい音を出そうとか、あそこをこうして、ここはこういう角度にしなきゃとかじゃなくて。

うまく言えないんですけど、「そういうことだったのか!」ってなるんですよ!

今まで「とにかく弾いてりゃそのうちいい音出るだろう」って思っていたけど、それは違うんだって分かると思います。

ということで、かなり濃い内容で長くなって参りましたので、続きはまた次回!

【村上先生のボーイングレッスンレポ】

1〜序章:出会いからレッスン&スゴ過ぎるご経歴
・2:ハートに向かって弾く/人差し指の肉のところ
次)3:指の役割(親指・小指・他) 
4:正しい姿勢はへそに聞け/作用・反作用の法則
5:伸筋奏法・弦と弓の角度・移弦の角度

村上先生のチェロレッスンご案内

#レッスンのレポートを書くこと、ご了承いただいております。