村上先生のボーイングレッスンレポ5:伸筋奏法・弦と弓の角度・移弦の角度

   

いよいよ最終回になりました、村上先生のレッスンレポート、5回目です!

長々とお付き合いいただきありがとうございました。

これだけ理解&実践できれば、後はもう上手になるだけですね!・・・・←

【村上先生のボーイングレッスンレポ】

1〜序章:出会いからレッスン&スゴ過ぎるご経歴
2:ハートに向かって弾く/人差し指の肉のところ
3:指の役割(親指・小指・他) 
4:正しい姿勢はへそに聞け/作用・反作用の法則
・5:伸筋奏法・弦と弓の角度・移弦の角度

#レッスンのレポートを書くこと、ご了承いただいております。

レッスンの後、チェロを背負って歩く、大人チェロ会の面々。

#シワの主が、私櫻田こずえです。

伸筋&屈筋 ボーイングではどっちを使う?〜伸筋奏法〜

いきなりですが、全ての関節には2種類の筋肉が働いているそう。

ほう。。。しんきん、銀行?くっきん、ぽっきん?

【参考】さとう式リンパケアサロン:屈筋と伸筋、さとう式ではなぜ頑張ってはいけないのか?

屈筋で誇示するボディービルは、思いっきり力む力を使っています。

上のもっこりが屈筋(上腕二頭筋)で頑張っているところ。下には伸筋(上腕三頭筋)。
そしてモデルは、若き日のアーノルド・シュワルツェネッガー!

伸ばす時使う伸筋は力みが発生しない。

さらに、実は屈筋より伸筋の方が力が強い上に、屈筋は身体に緊張をもたらしてしまうそう。

ということで、

チェロを弾く時の、全ての屈筋を伸筋に置き換えて行きましょう!

あ、え、うーん、理屈は分かるけれど、そもそも自分がどちらの筋肉を使っているか分からないです・・・。

ダウンの時、後ろに引いてしまうのは屈筋を使っている証拠です。

早速注意される櫻田・・・屈筋使ってるっぽい。

後ろではなく、むしろ前だそう。前って?

イエス・キリストが子らを迎えるポーズです

#一同、ぽかーん。

#ということで、集合写真にこのポーズを取っていました。
#先生のポーズはもうちょっと前に曲線、子らを抱くようなラインだったので、赤線で修正してみました。

ダウン

・「鎖骨の付け根」から「右前」に伸びていく。
・「肩甲骨から腕の全部」を動かす「脇の下」のあたりから。

この辺りだけで、2,3記事が書けそうですが、とりあえず頂いた言葉を拾っておきます。

アップ

・重力で肘が落ちるように畳まれるだけ。
・伸筋で伸びた腕が、腕の重みで畳まれていく(屈筋使うワケない!)
・肘が折れていないから、肩が上がってしまう。
・最終的に毛をむしられて売られてるシチメンチョウのようになる。

毛をむしられて売られているシチメンチョウって、わりと日本では見かけません。

先生の例えがいつも絶妙過ぎる(ポカーン率が高い)のは、狙ってるのか天然なのか、私たちの理解を助けようと考え尽くされた上なのか。

さて、焼きあがった鶏でも良いでしょうか・・・この手前の手羽の感じですよね。

早速ボーイングをしていると・・・先生から痛い指摘が。

「手首は下がっちゃいけません!」というと、手首だけ不自然に残す人が出て来ます。

はい、すみませんそれ私です。

「そこ」(人差し指の肉のところ)が常に気持ちよく弓に触っているようにしたい、肩や肘は落ちたい、そうすると、引き算で手首はこの高さに残らざるをえない。

村上先生のボーイングレッスンレポ2:ハートに向かって弾く/人差し指の肉のところ

ちゃんと理由があって、演繹的に導かれるのは、これまでお話しして来たことと全て一緒です。

私たちって、先生の言うことに盲目的に従う的教育を受けてますからね・・・「なぜ?」って思わない。それがいいこともあるのですが。

で、一言でまとめて頂きました。

アップ&ダウンは、「左右に動かす」ではなく「ストレッチ」&「重力で畳む」

これが、屈筋を使わない、身体を緊張させない、伸筋で弾くボーイングです。

左右直線の電車の往復みたいなイメージを持ってはいけませんよ!

#阪急電鉄ですね。

弓と弦は90度にならざるを得ない?

ところで、弦に対して弓を直角に当てなさい、って注意されたこと、聞いたこと、読んだこと、ありますよね?

でも、なかなかそうは行かないのは練習が足りないからで、1,000回弾けばきっと直角になってくるんですよね、先生!

1,000回間違えたことを繰り返せば、間違ったことが定着するだけです。

しょぼーん・・・。

で、レッスンで実験したのが「弦に対して弓を斜めにして弾く」こと。

そすると、だんだん落ちて(上がって)いってしまうんです。

弦と弓を見ないでも、しっかり音を聴いていれば、必然的に直角になります。

×:角度が直角にできれば綺麗な音が出る

○:一定の音を求めるならば、角度が直角にならざるを得ない

「直角にしなければ」ではなく、身体全体のフィットネス感で弾くことがずっとずっと大切。

自分の求める音が先にあれば、弓と弦の交わる角度は、自ずと決まって来ます。

村上先生のおっしゃることは、いつも一貫しています。

移弦の角度の最適化?

再び一同ポカーン。

そんなこと言われてもさっぱりわかりません。

えぇ、図解を見ても、さっぱりわかりません。むしろより難しくなった・・・。

「移弦のパスは一つではない」

YZ垂直な平面で切っても、XY平面で切っても移弦はできます。

人によって弾きやすい角度は違い、そして出せる音色も変わってきます。

・YZ面:上下に動かす(手を上下させる感じ)

移動が最短距離だけれど、位置エネルギーの変化が大きい
等高線狭いところを一気に登る感じ

・XY面:前後に水平に動かす(手を前に押し出したり引いたりする感じ)

移動が最長距離だけれど、位置エネルギーの変化は小さい
山を迂回してゆったりと登る感じ

そんなさ、「移弦の角度」なんて気にしたことなかったし、気にして意味あるのかな・・・とかチラっと思ったよね、正直。

移弦の角度は一つじゃないので、自分が一番綺麗に気持ちよく弾ける角度を探してください。

今無意識で移弦している角度が、一番気持ちいい角度なんじゃないの?・・・レッスンも後半になって疲れているのか、やさぐれる櫻田。

90(90度だから多分。実際は無限大)のオプションがあれば、移弦しやすい場所を選ぶことができるんです。

1個しかオプションがないと、100回練習するとかいう根性論になってしまう。

「移弦の間の運動」をきちっと意識して設計することができれば、何百回繰り返し練習しなくても綺麗にできるようになります。

今はまだ消化できていないけれど・・・90のオプションがあることを知ってこの角度で移弦しているのか、知らないでこの角度で移弦しているのか、それが全然違うっていうのは理解できます。

NHKしかないと思ってNHKを見てるのか、民放あるのを知っていて、でもNHKを見てるのか・・・あ、受信料は気にしないでね。

主体性とか意思とか、音楽に対して能動的に、自ら働きかけようという姿勢が出現するんだと思います。

精神論的に聞こえるかもしれないのですが、それは実際大きな違いを生む、いや、最終的に致命的な違いになることは、これまでの仕事、勉強、スポーツ、他の習い事での「失敗」や「後悔」を振り返ると、ものすごーーーーーく納得できるんです。

どういう軌跡、角度を取るか自分で「設計」する、そこから始めましょう。

いやもうこれ、人生論でしょ。

それにしても、村上先生のおっしゃることはいつも一貫しています。

正しいチェロの弾き方、が最初にあるのではない。自分が聴きたい音、弾きたい音が最初にあれば、そのためにはどうすればいいのか、自ずと決まる、自分で判断することができる、と。

たまにヘソに聞いたりしますが・・・あ、ヘソも自分か。

長々と5回に渡って続いた村上先生のレッスンレポ。

2時間弱のレッスンでしたが、Q&Aのコーナーは含めていないし、細かい点、お伝えできなかった、省いた部分、そして、櫻田が理解できなくて拾えなかった部分が沢山あります。

なのにこんなボリュームになってしまうって・・・それほどエッセンスが凝縮された、っていうか、先生、伝えたい気持ちは嬉しいけど詰め込み過ぎだってば!っていうボーイングレッスンでした。(書くのもめちゃくちゃ時間かかった!)

で、一緒にレッスンを受けられた大人チェロ会の皆さま、消化不良起こされませんでした?

櫻田はエビフライ10本食べたくらいの消化不良感だったので、えっらい遠かったですが先生のレッスンを受けに行きました。

ということで、大人チェロ会の皆さまに限らず、村上先生のレッスンを受けていただけるよう検討して頂いてますので、乞うご期待!

【村上先生のボーイングレッスンレポ】

1〜序章:出会いからレッスン&スゴ過ぎるご経歴
2:ハートに向かって弾く/人差し指の肉のところ
3:指の役割(親指・小指・他) 
4:正しい姿勢はへそに聞け/作用・反作用の法則
・5:伸筋奏法・弦と弓の角度・移弦の角度

 - 村上先生 ,