マレックさんと「相馬子どもオーケストラ」のG線@Youtubeに感動再び

イケメンとチェロが好きな櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

昨年2016年10月にトッパンホールで開催された、ポーランド出身アメリカ在住のチェリスト、マレック・シュバキエヴィッチさんのリサイタルのアンコール映像がアップされていました。

アンコールは「相馬子どもオーケストラ」との共演でした。

ポーランドで育った幼少期に隣国で起きたチェルノブイリ原発事故の恐怖を味わったことで、同じ境遇にある福島の子供たちの未来を音楽によって支えたいという願いを込め、彼は東日本大震災から相馬子どもオーケストラの支援を続けている。(当日配布されたパンフレットより)

去年の演奏会レポ:マレック・シュパキエヴィッチ★チェロリサイタル2016でうっとり(耳も目も)

 

小さなチェリスト達の上手なことっ!

弓を持つ右手のやわらかさとか角度とか、左手の弦の押さえ方とか、櫻田はまだできないビブラートとか、なんかもうめちゃくちゃカッコいいわ!

そして、やっぱり心奪われるのは、マレックさんが子供達に向ける優しい眼差し。あぁ、美が、神聖なる美がそこにある!そして私もこの眼差しを受けたい!←もうすぐ42歳ですがそこをなんとか

もちろん、大人のプロ演奏家に比べたら技術的に劣る演奏なのですが、人の心を動かす演奏、音楽というのは、技術如何によるところだけではないんだなと思うにつけ、正しく弾く事も大切だけれども、思いや気持ちを込めて丁寧に弾かなければ、と思うのでした。

ちなみに、この時マレックさんは、チェロのメロディーだけを弾いていたのではなく、ヴァイオリンやヴィオラのメロディーも弾いてそうです。じっくり耳を傾けると、マレックさんのチェロの艶やかな音が聴こえてきます。

G線上のアリア、いつか大人チェロ会の皆さまとアンサンブルしたいですねぇ。

4/29 オーケストラフェスティバル2017

4月29日にはエル・システマジャパンの、東京で初のオーケストラ・フェスティバルが開催されるとのことです。

エル・システマジャパン
東日本大震災の被災地の子どもたちを支援するために2012年3月23日に設立され、地方自治体との協力のもと、「音楽を通して生きる力を育む事業」を実施しています。(エル・システマ ジャパンとはより)

マレックさんはアメリカでの公演があり、残念ながら来られないそうなのですが、ご興味のある方は是非足を運ばれて見て下さい!

エルシステマジャパン オーケストラフェスティバル2017のお知らせらせ