「楽譜→左指」の変換方法は2通り!★大人のチェロレッスン多分83回目その2

   

その道のプロのお話は、何を聴いても面白いなと思う櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

音楽のイケメン先生の四方山話が面白いので、レッスンするより話を聴いていたいと思ってしまう・・・←サボりたいだけ

楽譜の情報をどうやって左手に伝えるのか?

さて、今回の目からウロコは、楽譜の情報をどうやって左手に伝えるか問題の続き。

ドッツゥアウアーで私が変わる★大人のチェロレッスン多分82回目

このレッスンで「2ステップ」認識と変換があるんだな、それのどちらも鍛えなければいけないな、と思いました。

① 楽譜の黒丸を読み取って「ド」だなと認識する
② ドは◯番線の◯の指で押さえるんだなと変換する
③ 押さえる

だから、ソルフェージュをして楽譜を読み取る能力を意識し、この音なら、この指、って瞬時に情報処理できるようになろうと思っていました。

で、今回のレッスン。

つっかかったら、なぜその音でつっかかったのか原因を探りなさいと、言われて、で、弾いてたらここで間違えました。

はい、それは・・・

・手前がフラットで読解に時間がかかった
・この音がミかファかまだ判別に時間がかかっている

と答えたのですが、

先生:櫻田さん「ドレミファに変換」してから「何番線の何の指」ってやってるんですね?

櫻田:へい

え?それ以外何か方法があるの?

って思ってぼーっとしたら、つい「へい」に。

ということで、もう一つの方法を伺いました。(実は前にも聞いていたという・・・)

① 楽譜のここに黒丸があるから◯番線の◯の指と認識する
② 押さえる

ドレミファをガン無視、既読スルー、1ステップで音になるんですよ。

 

ほう!

それはなんだか、右脳的というか、マッピングというか、なんちゅうか本中華!

いや、楽譜を入れると音になって出て来るみたいな(2ステップでも同じだけど)、ある意味マシーン的、プログラミング的な感じもする!

ビジュアル変換法&ドレミファ変換法

先生から伺ったことをもとに、それぞれ勝手に名前をつけてみました。

ビジュアル変換法:ステップは1つ

初見にめっぽう強いが暗譜に弱い 練習しなくても弾ける 楽譜がないと弾けない
スタジオミュージシャン向け

ドレミファ変換法:ステップは2つ

何度も練習して暗譜して音楽性を深めていく
ソリスト向け

まあ、すっごい練習すれば、①と②は境界がなくなって、1つになるのでしょうが。

練習しなくても弾けるだとっ!?

先生:俺は練習嫌いだし、スタジオミュージシャンだから、どちらがいいってこともな・・・

櫻田:奇遇ですね!櫻田も練習嫌いですっ!!!←なぜ前のめり

そしてもう「練習しなくても弾ける」しか目に入らない・・・櫻田はビジュアル変換法一択で!

先生:でも、音楽を学ぶ上でドレミファは大切ですから・・・

とおっしゃる先生の言葉など遥か彼方、全く聞こえなくなって、ビジュアル変換法をマスターしさえすれば・・うっしっしっしーと思っている、サボることしか考えていない櫻田さんでした。

いやまあ、練習しなくても弾けるようになるまでの練習が、大変なんですけどね。

 - 大人のチェロレッスン日記