きらきら星☆を先生に聴いてもらったら・・

チェロレッスン中に、先生にきらきら星2015年と2017年を聴き比べてもらった櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

 

先生:で、褒められたいですか?けなされたいですか?

櫻田:意地悪ですっ!

先生:じゃあ、櫻田さんはどう感じましたか?

うーん、どうって言われても・・・

櫻田:2年も経ったので「わーすごい上手になった!」みたいになると思ったんですがそれ程でもないな・・とか・・

先生:櫻田さん、2年間必死にチェロを練習しましたか?もうこれ以上練習できない位に。

櫻田:いや、ぼちぼちですっ!←なぜ自慢げ?

先生:2年間という期間に意味はありません。その2年間で何時間練習したかだけに意味があります。

櫻田:ぐぅ←ぐうの音も出ないのぐぅ。

いやー先生、サスガです、沢山の生徒さんを見ていらっしゃるだけあります。すごいです。名言です。メモります。

大した時間練習もしていない櫻田に「2年も経ったのに・・・」という期待は無意味ですね。

 

 

先生:でも上手になってますよ。

・音の響きが良くなりましたね

・アップ&ダウンの切り替えがなめらかになりましたね

・音のずらし幅が少なくなりましたね

#「音のずらし幅」の意味

櫻田は一応「正しい音程」は分かっているようで、自分の出している音がズレていると感じると、その音を出している途中で、微妙に指をずらして修正しているらしい。

その「修正幅」がかなり狭く、少なくなっているという意味。

2017年4月のきらきら星

 

2015年2月のきらきら星

2015年の12秒辺りからの、らーらー「そーそー」「ふぁーふぁー」みー 辺りで、1音目と2音目の音が違うのが分かる。

 

先生:左手の「形」が出来てきて、正確に弦を押さえられるようになってきたということです。

櫻田:・・・(立て続けに褒められるとどうしていいか分からなくなるタイプ)

 

さらに、レッスン始めの音階でボーイングが上手になったと褒められて、カントリーマアムをもらってご機嫌な櫻田でした。

レッスンレポはまた後ほど。