第七回大人チェロ会オフ会レポート「マダムランチ会」@有楽町

平日の昼間に、大人チェロ会の女性陣で集まってランチして参りました櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

マダムってどういう意味か考えないでネーミングしてしまったのですが、マダムは既婚女性を指すようです!すみません。

特に既婚女性のランチ会というつもりは全くなく・・・口語では「婦人」の意味でも使われる、ということで、婦人という意味で参りましょう。

マダム(Madame, 略記: Mme.)は、フランス語で、既婚女性(あるいは地位の高い女性や年長の女性、あるいは女性全般)に対する敬称または呼びかけである。口語では、冠詞を伴い「婦人」の意味にも使われる (la madame)。Wikipediaより

櫻田のイメージだと、ゴージャスでセレブな感じ、ダァームゥ(ダァにアクセント、ムゥは置く程度)なイメージで、そういうわけで自分に「?」をつけております。

そんな言葉の定義はさておき、やたら楽しい、あっという間の3時間でした!

まずはスパークリングワインで乾杯♪

皆さまのご協力の甲斐あって、9つのすべてのグラスが写真の中におさまりました。

北陸からコンサートのためにたまたま東京遠征中だった方にも、タイミング良く参加して頂くことができました♪

お会いできて嬉しかったです!

お土産を頂きました!

高いクオリティとその掛けて頂いた工数を思うともう感動&感謝しかない、大人チェロ会クッキー!

ハートや♪、チェロ本体の配色やバランスが、センス良すぎて妬ましいほどですっ。売れる!

ありがとうございます!

卵、砂糖、バターを使っていない、ヘルシーなクッキーとのこと。

また、皆さまの地元土産も頂きましたよ♪お気遣いがとっても嬉しいです。

そして・・・お近くにお勤めの男性チェロ会メンバーが差し入れを持って来てくださり、挨拶もそこそこにお土産だけ置いてさーっと帰って行かれる・・・かっこいい! それも東京會舘謹製の高級クッキー!

ここのお菓子は間違いないです、大好き。ありがとうございました!

ボーイング実技

ちょっと前のオフ会で「トングでボーイングを説明する」について、櫻田の理解は間違っていたので、訂正させてください!

今回再び説明して頂きまして、ボーイングで弓先に行って手が辛くなってくるくらいの時の、手の形の変化の話、だと確認←間違ってない?

確かに、弓先行くと「上から持つ」って維持できなくて、プルプルする。ので、こう変化させるそう。

(それにしてもリングやバングル、ドレスが美しくてそして似合ってらっしゃる!)

MP関節から下げる、という感じ!

第六回大人チェロ会オフ会レポート「納涼祭2018」@有楽町

ありがとうございました!

さて、初対面の方が沢山の会で何を話したか・・・ほぼ忘れました

そんなこんなで、チェロのことを主に喋っていました・・・今練習している曲を伺ったり、悩みや困ってることを伺ったり、チェロを購入しょうという話とか、お子さんもチェロを習ってらっしゃるとか、チェロの値段と音色の話とか、ハードケースを買いたいとか、師匠が91歳であることの悩みとか!(レッスン中に先生がうとうとされてしまったとかw)

しかしそのうち、矯正をしてらっしゃる方と(インビザ?の実物初めて見ました!)矯正トークしたり(櫻田今年から矯正してます→矯正ブログ)、関西人率が高かったので、関西・関東人の違いトークとか、特に後半はただの女子会トークになっていたような気も(笑)

それも女子会ならでは!チェロの話もチェロ以外のお話も、盛り上がってとーーーーーっても楽しかったです。

あ、いつも楽しい投稿をしてくださる方の、ニックネームの由来に一同びっくりしたり!

さて、女子団体客はウルサイのが基本。櫻田は特に声が大きくてよく通るし・・・皆さんいつもすみません。

でも、我々の席はしっかり隔離されており、最初から隣接する席にはお客さんはおらず、盛り上がって追加のドリンクを注文する頃には、他のお客さんは全然いなくて・・・このスペースは貸切状態でした。よかった。

場所は、JR有楽町駅からすぐの、Scorpione Stazione、読めません。

【レポ】スコルピオーネ スタツィオーネでプリフィックスランチ★有楽町駅から近くて大バコでオシャレなイタリアン

ここだけの話、実は櫻田はお酒に弱いのですが(あまり信じてもらえない)、最初のスパークリング一杯で顔がほてってしまって、すかさずお水を、しかも人数分頼んでくださる方がいらっしゃったり、お会計の時に席を外していたら、全員分の会費を集めてちゃんとチェックまでしてくださったり、なんかもう、皆さまさすがのお気遣いで、スムーズに、快適に、そして楽しい時間を過ごすことができました。

ありがとうございました!

つい先日会員になってくださった会員番号92番の方も参加してくださったり、会員番号4番の方もいらっしゃったり、新旧、老若、住んでいるところもいろいろ・・・「チェロ」という、ちょっと演奏人口の少ない楽器を唯一の接点として、こうやって集まって、長年のお友達のように盛り上がれることが嬉しいです。

これからも末長く、チェロをダシに楽しんで参りましょう♪