チェロと傘のいい関係が分からない

ここしばらくチェロレッスンをサボっている櫻田こずえです、皆さまごきげんよう!

先生と予定が合わないというのもあったのですが・・・ま、便乗して練習もサボりました、はい、ごめんなさい>チェロに

ところで、レッスンにマイチェロを担いで行かれる方、手をあげてください!

>はいはーい!

雨の日って、憂鬱じゃないですか?

>そうそう、そうなんだよねぇ。

(ひとりだと寂しいの架空の観客を自演)

ま、ハードケースだし、相当暴風雨にでもなって浸からない限り、中まで雨水が入ってくることはないと思いますが、ちょっと気になりますよね。

で、雨の中、傘をさして歩く時に、いつも悩むことがあるんです。皆さま、どっちです?いや、全然違います?

チェロの上から被せるよう傘を高くさす


#モデル:櫻田こずえ

メリット:チェロが濡れない
デメリット:自分が濡れやすい

チェロをさけるように傘を低くさす

#モデル:櫻田こずえ

メリット:自分が濡れにくい
デメリット:チェロに申し訳ない気分になる・傘がちょい曲がる

担ぐ位置が悪いとか、体型の問題とかあるかもしれまいのですが・・・どちらが正解なのでしょう。

ちなみに、なぜか行きは高くさし、帰りは低くさすことが多い気がします。

帰りは、いつも先生に打ちのめされてしょぼくれてるからかもしれません。

さて先週末、約3週間ぶりにチェロの練習をしたのですが、もう、腕が落ちちゃって焦りましたよ!となるはずだったのに・・・。

何て言うんでしょう、確かにちょっと鈍くなった感はあるような気もするのですが、基本的にあんまり変わらないような・・・。

大人チェロ会の方に、

>よく1日練習しないと取り戻すのに3日掛かるんなんて言いますけど、元からそれほど上達してないせいか、あまり練習してなくても変わってないような…。落ちる腕前が無いって無敵ネッ!

という励ましを頂き、激しく同意。

そうだ、初心者は捨てるものがないのだから、休み休み、適当に頑張るぞ〜♪